なぜJavaはこれほどまでに人気なのか?その理由とは

Javaプログラマー資格診断書

常に上位の【Java】その理由にせまる!

常に上位の【Java】その理由にせまる!

Java人気の理由を解剖!

Web系や組込み系、Androidなど様々な分野で利用されており、各種ランキングでもトップのJavaですが、ではなぜJavaがここまで普及し、シェアを伸ばしているのでしょう?ここでは、Java人気の理由をひもといていきます。Javaの特徴と歴史がみえてきます。

人気の理由その1-「汎用性の高さ」

まず一つ目の理由として、どのプラットフォームでも動作する汎用性の高さがあげられます。通常、同じソフトウェアでも動作するプラットフォームが異なれば、手直しやリコンパイル(ソースコードから実際に動作するプログラムに変換することをコンパイルといい、動作させるプラットフォームが異なる場合はコンパイルをし直さなければなりません。コンパイルをし直すことをリコンパイル(Re-compile)といいます)が必要になりますが、Javaならばリコンパイルの手間が不要です。この汎用性の高さは、同一のソフトウェアを様々なプラットフォームで提供する上でコストメリットがあります。

人気の理由その2-「C++に似ている」

Javaの文法はC++に似ていることから、新たにJavaを習得するプログラマーのハードルを下げ親和性が高かったことも、Javaを扱える技術者を増やした要因となりました。

とりあえずチェック!注目記事

未経験だからこそ、必要な資格を取得して少しでも就活に有利に! 未経験だからこそ、必要な資格を取得して少しでも就活に有利に! 経験者は職務経歴によるプログラミングスキルをアピールできますが、未経験者はスキルと知識を証明するものがありません。そんなときに役立つのが資格。スキルやレベルの客観的な証明となるプログラマー資格は、未経験者にこそ有効なツールです。だからこそ、無駄なく効率的に「本当に使える資格」を取得し、就職活動を有利にすすめましょう。

Javaプログラミング能力認定試験 Javaプログラミング能力認定試験 Javaプログラマーを目指すなら、まずはこの資格。Javaプログラミング能力認定試験は、日本国内でJavaプログラマーを採用する企業ならまず知っている、認知度の高いスタンダードな資格です。未経験者からJavaプログラマーへの就職活動にも、この資格を持っていればかなり有利になります。Javaプログラミング能力認定試験の概要、試験の難易度と合格率、各レベルごとに求められるレベルなどを紹介しておきます。

仕様書や設計書作成で差をつける「MOS」 仕様書や設計書作成で差をつける「MOS」 プログラマーといえども、Microsoft Officeのスキルは必須です。仕様書や設計書の作成にも使うWord や Excel は、プログラマーに限らず今の時代の企業人として最低限求められるパソコンスキル。使えて当たり前と言っても過言ではないでしょう。Word、Excelなど、オフィス製品の操作レベルを客観的に証明できるMOSは、どんな職種であれ、持っていて損はありません。

ページトップ

Copyright © 2014 Javaプログラマー資格診断書 All Rights Reserved.