人気プログラミング言語の現状と今後の動向にフォーカスイン

Javaプログラマー資格診断書

TIOBEのプログラミング言語ランキング 2019年

TIOBEのプログラミング言語ランキング 2019年

TIOBE 最新ランキングと動向

プログラミング言語には多くの種類があり、それぞれが強みとするジャンルがあります。そのなかでも「Java」は多くの人に使用されており、例年、他の追随を許していません。その根拠となるのは海外の調査機関であるTIOBE Indexによるデータで、圧倒的にJavaの使用率が高く、その傾向は毎年繰り返されています。

しかしながら、近年は他の言語の躍進が見られるようになってきました。TIOBE 2019年12月のデータによると、1位はJava(17.253%)、2位はC(16.086%)、3位はPython(10.308%)と、僅差に迫っている状態です。今後の動向から目が話せないでしょう。

不動の1位Javaの人気理由と今後

これまでJavaが圧倒的な人気を誇ってきたのには、どのような理由があるのでしょうか。Javaの特徴を踏まえつつ、確認していきしょう。

【OSにかかわらず実行可能】
Javaはプラットフォームに依存しない言語なため、ファイルをインストールすれば実行環境を構築することができます。さらに、Javaを用いて製作したプログラムを可動させるソフトをインストールすると、さまざまな環境で実行可能。WindowsやMac、Linuxなど、OSや機器の種類を問わずに使用できることが魅力のひとつです。

【高いセキュリティ】
Javaは、他のプログラミング言語に比べて安定性があり、セキュリティ面において優れているという特徴があります。そのため、銀行や証券会社、公的機関といった大規模システムが多く導入。強固なセキュリティで情報管理に応えています。

【ライブラリが豊富】
プログラミング言語には、プログラムの部品や機能を指す「ライブラリ」というものがあります。Javaにおいては、このライブラリが特に豊富です。さまざまな機能を自分のプログラムに組み込むことで、開発をよりスムーズに行うことができます。

このように、Javaには多くの魅力ポイントがあります。今後もニーズがあることは予測されますが、他の言語の高品質化と汎用性の高まりによっては動向が変わってくるかもしれません。

他のプログラミング言語の将来性

Javaに次いで人気のある、CやPythonといったプログラミング言語の特徴を見ていきましょう。 【C】 C言語は、ソースコードから実際に機械が理解できる言葉に翻訳する「コンパイル」という行為が必要です。これにより、コンピュータが実行しやすく効率的でスピーディーな処理が可能になります。 ビジナー向けのプログラミング言語ではありませんが、コンピュータに詳しくなりたいという人には面白く感じるでしょう。また、プログラミングそのものを勉强したいという方にもおすすめです。 【Python】 Pythonは、AIに関するライブラリが豊かなうえ、少ないコードの行数で開発ができるというメリットがあります。 この魅力を活かすため、機械学習用のフレームワークの多くは「Python用」として開発。必然的に、Pythonを使う機械学習エンジニアが増加しています。 Javaには及ばないものの、CやPythonも着実に実績を重ねています。それぞれの特徴を存分に活かすことで、より汎用性と効率性が増すことも期待できるでしょう。

とりあえずチェック!注目記事

未経験だからこそ、必要な資格を取得して少しでも就活に有利に! 未経験だからこそ、必要な資格を取得して少しでも就活に有利に! 経験者は職務経歴によるプログラミングスキルをアピールできますが、未経験者はスキルと知識を証明するものがありません。そんなときに役立つのが資格。スキルやレベルの客観的な証明となるプログラマー資格は、未経験者にこそ有効なツールです。だからこそ、無駄なく効率的に「本当に使える資格」を取得し、就職活動を有利にすすめましょう。

Javaプログラミング能力認定試験 Javaプログラミング能力認定試験 Javaプログラマーを目指すなら、まずはこの資格。Javaプログラミング能力認定試験は、日本国内でJavaプログラマーを採用する企業ならまず知っている、認知度の高いスタンダードな資格です。未経験者からJavaプログラマーへの就職活動にも、この資格を持っていればかなり有利になります。Javaプログラミング能力認定試験の概要、試験の難易度と合格率、各レベルごとに求められるレベルなどを紹介しておきます。

仕様書や設計書作成で差をつける「MOS」 仕様書や設計書作成で差をつける「MOS」 プログラマーといえども、Microsoft Officeのスキルは必須です。仕様書や設計書の作成にも使うWord や Excel は、プログラマーに限らず今の時代の企業人として最低限求められるパソコンスキル。使えて当たり前と言っても過言ではないでしょう。Word、Excelなど、オフィス製品の操作レベルを客観的に証明できるMOSは、どんな職種であれ、持っていて損はありません。

ページトップ

Copyright © 2019 Javaプログラマー資格診断書 All Rights Reserved.