日本国内におけるプログラミング言語の人気と需要、将来性は?

Javaプログラマー資格診断書

ITRの国内プログラミング言語ランキング 2013年

ITRの国内プログラミング言語ランキング 2013年

国内のプログラミング言語ランキングは?

前頁のTIOBEは、全世界を対象にしたランキングでした。では日本国内ではどうでしょうか?次は、日本国内に絞ってランキングを見てみましょう。
株式会社アイ・ティ・アールが2013年9月に発表した「国内ユーザー企業に勤務するシステム/ソフトウェアの開発者およびその管理者を対象に実施したシステム開発言語/フレームワークに関する調査結果」によると、Javaが圧倒的に1位となっています。

国内のJava人気について

今現在の人気が1位であるJavaは、「将来的に活用する」と回答があった言語においても、圧倒的1位となっています。このニーズの背景にある要因のひとつとして、Andoriodスマートフォンの市場拡大が考えられます。日本国内ではAndroidスマートフォンアプリ開発の需要が高まっており、Android開発言語であるJavaはますます需要が高まっているといえるでしょう。いままでのWebシステムなどの開発に加え、Androidの普及によって、さらにJavaを使える開発者の需要が高まり続けているといえます。

国内での転職活動を目的とするならば、Java

「世界の検索頻度」を軸にしたランキングであるTIOBEと比較すると、上記の調査結果は「日本国内の企業システム開発現場で実際に使われているプログラミング言語のランキング」であり、転職活動により有利なプログラミング言語は何か?を探るには、TIOBEよりも有効なデータであることは言うまでもありません。今現在、もっとも利用されており、かつ将来的需要も1位であるJavaは、プログラマーとして転職するのであればもっとも需要の高い言語であることがわかります。
また近年では、企業はフリーランスを求める傾向も高くなっており、Javaが出来るのであればフリーエンジニアになるという選択肢もあります。そしてフリーのエンジニアは、自分に合った案件を選ぶこと、なおかつ単価は出来るだけ高くということが重要になってきます。そしてそれを実現できるのが、「レバテックフリーランス」というフリーエンジニア専門の求人案件サイトです。ここは業界トップクラスの案件数を誇り、その中からプロのコーディネーターが希望条件に合うものを提案してくれるので、「案件探しで苦労するかも・・・。」なんて心配は必要ありません。もちろん高額案件多数!!
Java・Androidの求人情報のレバテックフリーランス

とりあえずチェック!注目記事

未経験だからこそ、必要な資格を取得して少しでも就活に有利に! 未経験だからこそ、必要な資格を取得して少しでも就活に有利に! 経験者は職務経歴によるプログラミングスキルをアピールできますが、未経験者はスキルと知識を証明するものがありません。そんなときに役立つのが資格。スキルやレベルの客観的な証明となるプログラマー資格は、未経験者にこそ有効なツールです。だからこそ、無駄なく効率的に「本当に使える資格」を取得し、就職活動を有利にすすめましょう。

Javaプログラミング能力認定試験 Javaプログラミング能力認定試験 Javaプログラマーを目指すなら、まずはこの資格。Javaプログラミング能力認定試験は、日本国内でJavaプログラマーを採用する企業ならまず知っている、認知度の高いスタンダードな資格です。未経験者からJavaプログラマーへの就職活動にも、この資格を持っていればかなり有利になります。Javaプログラミング能力認定試験の概要、試験の難易度と合格率、各レベルごとに求められるレベルなどを紹介しておきます。

仕様書や設計書作成で差をつける「MOS」 仕様書や設計書作成で差をつける「MOS」 プログラマーといえども、Microsoft Officeのスキルは必須です。仕様書や設計書の作成にも使うWord や Excel は、プログラマーに限らず今の時代の企業人として最低限求められるパソコンスキル。使えて当たり前と言っても過言ではないでしょう。Word、Excelなど、オフィス製品の操作レベルを客観的に証明できるMOSは、どんな職種であれ、持っていて損はありません。

ページトップ

Copyright © 2014 Javaプログラマー資格診断書 All Rights Reserved.