未経験者に必要なのは就職に有利な資格!せっかくとるなら、使える資格を!

Javaプログラマー資格診断書

無駄な資格はとらない!必要なものだけをご紹介!

無駄な資格はとらない!必要なものだけをご紹介!

資格の種類は、さまざま!

資格といっても、国家資格から民間資格まで、多種多様なものがあります。手当たり次第にチャレンジしていては、時間も費用もバカになりません。 せっかく履歴書に記載しても、その資格の知名度が低かったり、分野的に検討違いな資格では、採用する側も「?」となってしまい資格の意味をなさない場合も。逆に的外れな人という印象を与える可能性すらあります。当サイトでは、Javaプログラマーに有利・必要な資格のみを選りすぐって紹介しています。的をしぼって必要な資格を狙いましょう。

転職の武器として使える資格を狙う!

Javaプログラマーになりたいなら、とれるものであればJavaプログラミング関連の資格をとるのにこしたことはありません。しかし、Javaプログラミング関連の資格以外にも、使えるIT系、情報処理系の資格はあります。国家試験であるIPAの情報処理技術者試験は認知度も高く、情報処理分野に関するベース知識があることを示す無難な資格といえるでしょう。情報処理技術者試験は基礎レベルの「基本情報技術者試験」から、コンサルティングレベルの「ITストラテジスト試験」、分野別の専門知識を問う「ネットワークスペシャリスト試験」や「データベーススペシャリスト試験」など、難易度・分野によって数種類にわかれています。目指すレベルは高度であるほうが有利であることは言うまでもありません。 Webプログラミングを目指すなら、Webデザイナー資格などのWebに関係する資格を取得するのもよいでしょう。

特定の製品や分野に特化した資格も

IT系では、ベンダーが自社製品に関する知識や取り扱いスキルを保証するような民間資格が数多くあります。これらの資格は、特定の製品・分野に特化しているため、目指す転職先や業界によっては非常に有利にはたらく場合もあります。

とりあえずチェック!注目記事

未経験だからこそ、必要な資格を取得して少しでも就活に有利に! 未経験だからこそ、必要な資格を取得して少しでも就活に有利に! 経験者は職務経歴によるプログラミングスキルをアピールできますが、未経験者はスキルと知識を証明するものがありません。そんなときに役立つのが資格。スキルやレベルの客観的な証明となるプログラマー資格は、未経験者にこそ有効なツールです。だからこそ、無駄なく効率的に「本当に使える資格」を取得し、就職活動を有利にすすめましょう。

Javaプログラミング能力認定試験 Javaプログラミング能力認定試験 Javaプログラマーを目指すなら、まずはこの資格。Javaプログラミング能力認定試験は、日本国内でJavaプログラマーを採用する企業ならまず知っている、認知度の高いスタンダードな資格です。未経験者からJavaプログラマーへの就職活動にも、この資格を持っていればかなり有利になります。Javaプログラミング能力認定試験の概要、試験の難易度と合格率、各レベルごとに求められるレベルなどを紹介しておきます。

仕様書や設計書作成で差をつける「MOS」 仕様書や設計書作成で差をつける「MOS」 プログラマーといえども、Microsoft Officeのスキルは必須です。仕様書や設計書の作成にも使うWord や Excel は、プログラマーに限らず今の時代の企業人として最低限求められるパソコンスキル。使えて当たり前と言っても過言ではないでしょう。Word、Excelなど、オフィス製品の操作レベルを客観的に証明できるMOSは、どんな職種であれ、持っていて損はありません。

ページトップ

Copyright © 2014 Javaプログラマー資格診断書 All Rights Reserved.