プログラマーになりたい未経験者は、プログラマー資格を最大限活用すべし!

Javaプログラマー資格診断書

未経験だからこそ、必要な資格を取得して少しでも就活に有利に!

未経験だからこそ、必要な資格を取得して少しでも就活に有利に!

未経験者だからこそ、資格を活用する!

未経験からプログラマーへの転職を目指すために、武器となるのが資格です。
転職活動において、プログラマーとしての業務経験があれば、開発実績などからある程度のスキルやレベルをアピールすることができます。しかし未経験者の場合は、プログラミングスキルをアピールできる材料がありません。
独学や通学、通信教育などの教育プログラムで勉強し、ある程度の知識と基礎を身に着けていたとしても、プログラマーとしての業務実績がないので、採用する会社もあなたのスキルがどの程度なのか判断しかねてしまうのです。だからこそ資格を取得していれば、あなたのスキルが一目瞭然になります。履歴書の資格欄に、関連業務の資格があるだけでも採用担当者からみた印象はずいぶん変わり、有利になります。

転職するための資格と割り切る

繰り返しになりますが、「転職を有利にするための資格」という考え方は決して悪くありません。机上の学問で得た知識と実際の業務で得る知識やスキルにはやはり差があります。これから目指す道であるプログラマーになるためにまずは企業に入社するための資格という視点で、どの資格を取得するべきかを検討してみましょう。もちろん資格取得のための勉強はその後の業務にも役に立ちます。知識として身に着けておけば入社後の研修等の内容もスムーズに理解できることが増えるでしょうし、その後の業務にも役に立つことがあるはずです。

とりあえずチェック!注目記事

未経験だからこそ、必要な資格を取得して少しでも就活に有利に! 未経験だからこそ、必要な資格を取得して少しでも就活に有利に! 経験者は職務経歴によるプログラミングスキルをアピールできますが、未経験者はスキルと知識を証明するものがありません。そんなときに役立つのが資格。スキルやレベルの客観的な証明となるプログラマー資格は、未経験者にこそ有効なツールです。だからこそ、無駄なく効率的に「本当に使える資格」を取得し、就職活動を有利にすすめましょう。

Javaプログラミング能力認定試験 Javaプログラミング能力認定試験 Javaプログラマーを目指すなら、まずはこの資格。Javaプログラミング能力認定試験は、日本国内でJavaプログラマーを採用する企業ならまず知っている、認知度の高いスタンダードな資格です。未経験者からJavaプログラマーへの就職活動にも、この資格を持っていればかなり有利になります。Javaプログラミング能力認定試験の概要、試験の難易度と合格率、各レベルごとに求められるレベルなどを紹介しておきます。

仕様書や設計書作成で差をつける「MOS」 仕様書や設計書作成で差をつける「MOS」 プログラマーといえども、Microsoft Officeのスキルは必須です。仕様書や設計書の作成にも使うWord や Excel は、プログラマーに限らず今の時代の企業人として最低限求められるパソコンスキル。使えて当たり前と言っても過言ではないでしょう。Word、Excelなど、オフィス製品の操作レベルを客観的に証明できるMOSは、どんな職種であれ、持っていて損はありません。

ページトップ

Copyright © 2014 Javaプログラマー資格診断書 All Rights Reserved.