役立つプログラマー資格を知り、無駄なく効率的に取得して、就職を有利に進めるための資格ガイド!

Javaプログラマー資格診断書

Javaプログラマー資格診断書の活用方法

未経験だからこそ、必要な資格を取得して少しでも就活に有利に!

どんな業界でも、未経験者の就職は簡単ではありません。就職活動における未経験者の一番のハンデは、「その仕事・業界における職務経歴がないこと」です。たとえ高い能力をもっていたとしても、採用する企業側にはその能力を判断する術がありません。だからこそ、資格が役に立つのです。プログラマー資格は、未経験者にとってプログラミングスキルを客観的に証明できる、非常に有効なツールです。ある一定レベルの知識を備えていることが明確になるため、企業側も採用しやすくなります。
もっと読む

無駄な資格はとらない!必要なものだけをご紹介!

資格が有効とはいえ、残念ながら、やみくもに何でも取得すれば良いというものでもありません。プログラマー資格やIT関連資格は多種多様、山ほどあります。認知度の低い資格、評価の低い資格などを持っていても、企業によっては「何ですかこの資格は?」となってしまう場合も。採用側が知らない資格、又は採用企業から見て検討違いな資格をいくら取得していても、もはや、資格がないのと同じ扱いになってしまいます。それならばお金と時間をかけてまで取得する意味がありません。
もっと読む

とりあえずチェック!注目記事

未経験だからこそ、必要な資格を取得して少しでも就活に有利に! 未経験だからこそ、必要な資格を取得して少しでも就活に有利に! 経験者は職務経歴によるプログラミングスキルをアピールできますが、未経験者はスキルと知識を証明するものがありません。そんなときに役立つのが資格。スキルやレベルの客観的な証明となるプログラマー資格は、未経験者にこそ有効なツールです。だからこそ、無駄なく効率的に「本当に使える資格」を取得し、就職活動を有利にすすめましょう。

Javaプログラミング能力認定試験 Javaプログラミング能力認定試験 Javaプログラマーを目指すなら、まずはこの資格。Javaプログラミング能力認定試験は、日本国内でJavaプログラマーを採用する企業ならまず知っている、認知度の高いスタンダードな資格です。未経験者からJavaプログラマーへの就職活動にも、この資格を持っていればかなり有利になります。Javaプログラミング能力認定試験の概要、試験の難易度と合格率、各レベルごとに求められるレベルなどを紹介しておきます。

仕様書や設計書作成で差をつける「MOS」 仕様書や設計書作成で差をつける「MOS」 プログラマーといえども、Microsoft Officeのスキルは必須です。仕様書や設計書の作成にも使うWord や Excel は、プログラマーに限らず今の時代の企業人として最低限求められるパソコンスキル。使えて当たり前と言っても過言ではないでしょう。Word、Excelなど、オフィス製品の操作レベルを客観的に証明できるMOSは、どんな職種であれ、持っていて損はありません。

ページトップ

Copyright © 2014 Javaプログラマー資格診断書 All Rights Reserved.