未経験者にオススメしたい、就職に役立つJava関連資格を厳選してご紹介!

Javaプログラマー資格診断書

未経験でも役に立つ!Java関連プログラム資格

Javaプログラミング能力認定試験

未経験者ならずとも、Javaプログラマーといえば、コレ!Javaに関する基本的な知識や、オブジェクト指向プログラミングの能力を判定するJavaプログラミング能力認定試験。業界・企業における認知度も高く、日本国内ではスタンダードな資格であるため、未経験者がプログラマーとして就職活動をするなら、かなり有利にはたらく資格です。まずは、試験概要や合格率を知り、Javaプログラミング能力認定試験合格にむけてチャレンジしてみましょう!
もっと読む

Oracle認定Java資格

オラクル社が全世界的に実施するJavaプログラマー向けの認定資格で、Javaプログラミング能力認定試験と同様にポピュラーな資格です。従来、複雑でわかりにくかった資格制度も、2012年からわかりやすくリニューアルされました。新体系で設けられた難易度ごとの3ステージの概要などを説明します。Javaプログラマーとしての就職活動を有利にするなら、最低限Oracle認定のSilverレベルは目指しましょう!
もっと読む

XMLマスター

XMLとは、Extensible Markup Langage の略で、マークアップ言語です。マークアップ言語とは、HTMLに代表されるような「タグ」と呼ばれる特定の文字列を使ってデータに意味や構造などの役割をもたらすことができるものをいいます。Javaとは直接の関係はないものの、XMLの知識はWebシステムなどでのデータやりとりや、データベースの利用などに使われる知識でもあります。難易度は高いものの、Javaプログラマーを目指すならXMLマスターも取得して損はない資格としてオススメします。
もっと読む

情報処理技術者

日本国内でもっともポピュラーなIT系国家資格が、情報処理技術者試験です。幅広いレベルと分野で区分された12種類の試験が用意されています。「ITパスポート」以外の技術者がとるべき資格は、試験開催日が年に1~2回、春と秋しかないのがこの資格のネックです。就職活動にタイミングが合うかどうかも、資格選びの基準です。12種類のうち、プログラマーを目指す未経験者にオススメの資格を紹介します。
もっと読む

とりあえずチェック!注目記事

未経験だからこそ、必要な資格を取得して少しでも就活に有利に! 未経験だからこそ、必要な資格を取得して少しでも就活に有利に! 経験者は職務経歴によるプログラミングスキルをアピールできますが、未経験者はスキルと知識を証明するものがありません。そんなときに役立つのが資格。スキルやレベルの客観的な証明となるプログラマー資格は、未経験者にこそ有効なツールです。だからこそ、無駄なく効率的に「本当に使える資格」を取得し、就職活動を有利にすすめましょう。

Javaプログラミング能力認定試験 Javaプログラミング能力認定試験 Javaプログラマーを目指すなら、まずはこの資格。Javaプログラミング能力認定試験は、日本国内でJavaプログラマーを採用する企業ならまず知っている、認知度の高いスタンダードな資格です。未経験者からJavaプログラマーへの就職活動にも、この資格を持っていればかなり有利になります。Javaプログラミング能力認定試験の概要、試験の難易度と合格率、各レベルごとに求められるレベルなどを紹介しておきます。

仕様書や設計書作成で差をつける「MOS」 仕様書や設計書作成で差をつける「MOS」 プログラマーといえども、Microsoft Officeのスキルは必須です。仕様書や設計書の作成にも使うWord や Excel は、プログラマーに限らず今の時代の企業人として最低限求められるパソコンスキル。使えて当たり前と言っても過言ではないでしょう。Word、Excelなど、オフィス製品の操作レベルを客観的に証明できるMOSは、どんな職種であれ、持っていて損はありません。

ページトップ

Copyright © 2014 Javaプログラマー資格診断書 All Rights Reserved.