プログラマー資格以外にもあります。就職に有利な資格!

Javaプログラマー資格診断書

未経験でも就職に有利なプログラマー向け資格

仕様書や設計書作成で差をつける「MOS」

企業の仕事はオフィスがなければ始まらない!と言っても過言ではないほど浸透しているのが、言わずと知れたMicrosoft社のOfficeソフト。特に、Word(ワード)とExcel(エクセル) は、今やどの会社でも使っています。プログラマーも仕様書や設計書作成、報告書、工程表など、様々な用途で使用するため、オフィス製品の操作スキルはプログラマーの業務効率にも大きく影響します。このワード・エクセルの操作スキルを証明してくれるのが「MOS」です。
もっと読む

基本的なITの知識の証明「.com Master」

NTTコミュニケーションズが実施している「.com Master(ドットコムマスター)」は、インターネット利用に関するスキルを証明する民間資格です。そのレベルに応じて、ドットコムマスターBASICと、ドットコムマスターADVANCEの2種類のグレードがあります。技術者であるプログラマーとして目指すべきは、もちろんADVANCE!ネットシステムに関する広範囲な知識を問われるためWebシステムやネットワークシステム開発者の基礎知識の修得、また最新動向も把握できる資格です。
もっと読む

とりあえずチェック!注目記事

未経験だからこそ、必要な資格を取得して少しでも就活に有利に! 未経験だからこそ、必要な資格を取得して少しでも就活に有利に! 経験者は職務経歴によるプログラミングスキルをアピールできますが、未経験者はスキルと知識を証明するものがありません。そんなときに役立つのが資格。スキルやレベルの客観的な証明となるプログラマー資格は、未経験者にこそ有効なツールです。だからこそ、無駄なく効率的に「本当に使える資格」を取得し、就職活動を有利にすすめましょう。

Javaプログラミング能力認定試験 Javaプログラミング能力認定試験 Javaプログラマーを目指すなら、まずはこの資格。Javaプログラミング能力認定試験は、日本国内でJavaプログラマーを採用する企業ならまず知っている、認知度の高いスタンダードな資格です。未経験者からJavaプログラマーへの就職活動にも、この資格を持っていればかなり有利になります。Javaプログラミング能力認定試験の概要、試験の難易度と合格率、各レベルごとに求められるレベルなどを紹介しておきます。

仕様書や設計書作成で差をつける「MOS」 仕様書や設計書作成で差をつける「MOS」 プログラマーといえども、Microsoft Officeのスキルは必須です。仕様書や設計書の作成にも使うWord や Excel は、プログラマーに限らず今の時代の企業人として最低限求められるパソコンスキル。使えて当たり前と言っても過言ではないでしょう。Word、Excelなど、オフィス製品の操作レベルを客観的に証明できるMOSは、どんな職種であれ、持っていて損はありません。

ページトップ

Copyright © 2014 Javaプログラマー資格診断書 All Rights Reserved.